Dance Lesson

  • 2015.06.01 Monday
  • 10:45

(Dance Lesson)
広大なインド。そこにはたくさんの舞踊があります。インド寺院の彫刻のように甘美で躍動的な舞『東インド古典舞踊 Odissi オリッシー』、大地を踏み鳴らすリズミカルでダイナミックな舞『南インド古典舞踊・Bharatanatyam バラタナーティヤム』、ラジャスターンの砂漠地方で踊られている蛇使い族の舞『Kalbelia gypsy dance カルベリアジプシーダンス』等々。

それぞれの地方色豊かなインド舞踊に魅せらてみませんか?

Dance Lesson
1回毎 3000円
トライアル 2000円
月4回 10000円


東インド古典舞踊ODISSI 
オリッシーは、東インド・オディッシャ州に伝わる舞踊で、12〜13世紀頃ヒンドゥー教の聖地プリーにあるジャガンナータ寺院で、マハリという神に仕える女性達の踊りでした。他のインド古典舞踊と異なり、叙情的かつ優美な魅力に溢れています。また、オディッシャ州に数あるヒンドゥー寺院に施された彫刻がまるで動き出したかのような躍動感あるポー ズや動作から“動く彫刻”と言われています。

毎週火曜日11時から12時半(基礎90分)
毎週金曜日18時から19時半(90分)
毎週日曜日11時から12時半(基礎90分)
毎週日曜日13時半から15時(アイテム90分)

会費 基礎クラス 10000円(月4回)
アイテムクラス 1回毎3000円(90分)
プライベート 5000円(90分)

体験はウェブサイトからお申し込み頂けます。

http://odcjapan.com/class/odissi

講師 村上幸子
93年浜田さえ子氏主宰アトリエ「ナーチェ・ナーチェ」で学んだ後、奉納舞を伝承する舞踊家としてアメリカ・カナダ・インドにて活動中のラトナ・ロイ氏に魅了され,97年、渡米。99年シアトルと大阪にてソロデビュー公演を行う。00年より東インド・オディッシャ州にある有名校ORISSA DANCE ACADEMYにてPadmashree Late Guru Gangadhar Pradhanに師事。師の指導のもとSmt.Rojalin Mohapatra,Sri Lingaraj Swainより現在もどんどん発展していくオリッシーを学ぶ。以後毎年短期留学を繰り返し更に研鑚を積む。現在インド・日本の各地にて公演活動を行うと共に後進の育成にも努める。Odissi Dance Group「Padminii Kulam」主宰。Odissi Dance live music group Sharanagati 代表。インドまるごと総合学校 Odissi Dance Centre ODC代表。

http://odissi.jugem.jp




南インド古典舞踊・バラタナーティヤム
寺院から発生した神への祈りの踊りで、インド古典舞踊の中でも最古の歴史をもつ『バラタナーティヤム』。踊るヨーガとも言われるインド舞踊は、全身をくまなく使いますので、デトックス効果はバッチリ。初めての方でも大丈夫です。サリーを着て、自分のペースで美しく健康になりましょう。

毎週木曜日18時30分から20時(90分)
会費 基礎クラス 10000円(月4回)

体験はウェブサイトからお申し込み頂けます。

http://odcjapan.com/class/bharatanatyam


講師 金澤 倫子

京都生まれ。インド舞踊界の重鎮、ダヤ・トミコ氏に師事。2008年ソロデビュー。2011年、インド政府奨学金生として南インド、チェンナイに渡り、Padmabhushan V.P.&Shanta Dhananjayan夫妻の舞踊学校「Bharata Kalanjali」に入学。2012年、日印国交60周年記念事業、チェンナイにて行われたソロ公演は「THE HINDU」「TIMES OF INDIA」など地元メディアにも大きく紹介され、好評を得る。同年8月帰国。京都を拠点に公演、ワークショップ、カルチャースクール講師などの活動を展開中。またインドアーツサンガム京都のメンバーとしてインド芸能文化の普及に努めている。



Rajasthani Kalbelia gypsy dance

インドの北西部に位置するラージャスターン州。ラージャは’王様/マハラジャ’を意味し、スターンは’その土地’と意味します。そこはジプシー発祥の地とも言われています。

ラージャスターン州は、その多くが砂漠を占めており、Pink City,Blue City,White City,Golden Cityと街も建物も人々も服装もインドの中でもひときわカラフルで華やかでロマンチックな場所です。

カルベリアダンスはそのラージャスターン地方で蛇使いを生業としている民族のコミュニティに伝わる踊りです。

カルベリアのカルは’黒、死、時間’を意味し、ベリアは’その人々’と意味し、蛇使いに用いられるプンギという笛や太鼓に合わせた、女性によるパワフルでしなやかな踊りです。

彼女たちの生活に根付く、土着的な力強いステップ、蛇のような美しいハンドムーブメントや腰の動き、そして旋回などを特徴としたトライバルなダンスです。
レッスンでは、バランスや足を強くする練習、ベーシックなステップや動きをしっかり行い、楽しく踊れるように進んでいきます。

毎週木曜日14時から15時半(90分)
会費 10000円(月4回)

体験はウェブサイトからお申し込み頂けます。

http://odcjapan.com/class/khalbelia

講師 Nalika
2007年より表参道Devadasi StudioにてSacred earth bellydanceを師Mishaal(Bali/USA)の元習い始める。
2009年、ベリーダンスのルーツを求めてインドのラジャスターン州を訪れ、Colleena Shakti(India)のダンスの学校にて現地のジプシーダンサーRaki Kalbeliaよりカルベリアジプシーダンスを習う。

2011年より東京から大阪へ移り、レギュラーレストランショーやイベント企画、来日外国人アーティストのフロントアクト、WSなど活動を広げている。
また、2011年より毎年インドのラジャスターン州に長期滞在し、現地のカルベリア部族のジプシーダンサーRaki Kalbelia、世界的に活躍するカルベリア部族のジプシーダンサーSua Devi Kalbelia(映画Latcho Drom出演)などから、ダンスや人生について学び、現地のミュージシャンとも生活やライブを共にし、長い時間を一緒に過ごし、経験を積み、リアルな砂漠の芸能生活を送る。
2013年12月カウントダウンショーはインドのラジャスターン州ウダイプルの5スターホテルDevi Garh hotelにてジャイサルメールの音楽家グループKutle Khan Projectのダンサーを務める。

同年1月、2015年1月ともにラジャスターン州ジャイプルで毎年開催されるLiterature Festivalのオープニング、プライベートclosing partyにKutle Khan Projectのダンサーとしてステージに立つ。

また、ラジャスターン州ジャイサルメール長期滞在時は現地の結婚式やイベント、5スターホテルSuryagarhでのショー、Desert Festivalなどインドでの活動も広げている。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM