8/29土曜2種類のボディケア体験開催

  • 2015.08.08 Saturday
  • 03:50
8/29土曜日15時からボディケアワークショップ、フェルデンクライスとシヴァナンダヨーガ体験会を開催します。

どちらも似ている側面と明らかに違うという特徴を生かした体験会にしようと話し合い、ミーティングの中からそれぞれの共通点、特有を探りました。

どこが違うのでしょう?どこが似ているのでしょう?そこが知りたいんです。

aco先生(以下a)『ヨーガは目的のヨーガと手段としてのヨーガがあると想います。目的は自己統合。アーサナヨーガはその為の手段。アーサナには哲学的要素が含まれてますし身体の感覚を通して今の状態をしり自分にとって必要なもの不必要なものを識別していくセンスを磨いて行くものです』

わかります。そこが単なるエクササイズとは違う魅力ですね。

Miyuki先生(以下M)『 大きな違いは「目的のヨーガがある」ってことでしょうか。フェルデンではあくまでも手段としてであって、動きやできるってことは目的にはしておらず、プロセスを重視し、その上で「不可能が可能に、可能が容易に、容易が優雅に〜」

手段は明らかに違うので、ヨーガはアーサナあり。フェルデンは型なし言葉で導く。でも行きたいところは同じ、、、』

a『フェルデンクライスは言葉から個々が連想するそれぞれの動きであったり形をとると考えて宜しいですか?

ヨーガは決まった形はあります。しかしどのような形どあれ そこに安定してくつろぐことで自己を見つめることが出来るとしています』

M『形に安定してくつろぐことで自己を見つめるってフェルデンにはないかも。

フェルデンのATMでは言葉での指示で動いてもらいますが、止まって形をとるってことはないのです。なので、Awareness Through Movement(動きを通しての気づき)なんですね。

動きを使って自分自身を探り、気づき、違いを感じ、なおかつ自分の意識しないところで体験が「脳神経系」に働きかけるエッセンスみたいなものがちりばめられているので、時間はかかるけど、薄紙を剥いでいくように変化していくんです。その表れ方は人によって大きく異なりますが。

あと、フェルデンはやる中で動きと動きの間にお休みをいれます。それは単に休むということでなく、その間に体験したことを脳が吸収したり、前後での身体や心の違いを探ったりします』

なるほど益々興味が出てきましたね。皆さんもぜひ実際に体験しに来てください。

ボディケアもODCのどの講座もアプローチや手段は異なりますが全てカラダから自分自身の内側ココロと向き合うことの大切さを教えてくれる講座ばかりなんです。今の時代だからこそココロとカラダに必要な学びがたくさんあると思います。

8/29土曜日15時〜
参加費1500円(別途レンタルマット代)
定員6名様(残席4名)

お問合せ&お申し込み
sa@yskw.com(村上)

講座と先生の紹介はこちらからご覧ください。

シヴァナンダヨーガ aco先生
http://odissi.jugem.jp/?eid=225



フェルデンクライス みゆき先生
http://odissi.jugem.jp/?eid=229


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM