Assamの思い出。

  • 2010.03.08 Monday
  • 07:00
土曜日色々お世話になっていますThe HinduのジャーナリストShyamhariさんより今年1月アッサムであったプログラムの写真が送られてきました。

Shyamhariさんは頼りなく勇気のない私をいつも応援&サポートしてくださりインドでのダンス活動全般のプロモートをしてくださる心強い友達です。インテリジェントで無茶苦茶優しい方だから世界中のダンサーから慕われています。

assamassam1assam2assam3
どの写真も素敵に撮ってくれて嬉しい☆ステージ写真じゃないみたい。スタジオで撮影したかのようで驚きました。

主催のサットリヤダンサー(アッサムの古典舞踊)Anwesaが彼はスゴク腕がいいよと言ってましたがひょろナヨっとしたメガネの大人しそうなオタクな見かけに・・・正直ホンマかいな?くらいにしか思ってませんでした。ごめんなさい。今はスゴク反省してます・・・。許して〜

共演のカタックダンサー(アッサム)
assam4

一緒のホステルに滞在し仲良くしてくれたクチプディダンサーのVrata
assam5

ステージ後に戴いたショールとスカーフ。アッサムの織りは素朴で温かみがあって素敵ですね。
assam6


今回のアッサムプログラムは主催のサットリヤダンサーAnwesaと2008年BBSRで出演したDevdasi Fesで共演者しその時に私のアビナヤを観て感動してくれたそうで・・・驚き!!!ムッチャ嬉しいです(泣)”幸子インドに来るなら是非フェスの時期に来て”と呼んでくれました。

http://www.assamtimes.org/social/3641.html

初アッサム。

フェス前日にインヴィテーションカードを彼女と一緒に持って行き彼女の恩師や親しい人達と会いアッサムの方の温かくフレンドリーな人柄に触れることが出来ました。どの人もスゴク優しくいい人達で周りの人達を見て彼女の育った環境アッサムのことを少し知れた気がしてアッサムを好きになりました。ただ私の顔が現地の人のようなので遥々日本からやって来たのにAnwesaが言うまで誰も気づいて貰えず残念だったけど・・・(笑)でもアッサムでピュア外人が古典舞踊を踊るのは今回が初めてで皆さんホントに喜んでくださいました。

アッサムは顔つきが私達とよく似た人も多いからなんか安心して溶け込める町。

アッサムの言葉アッサミーはオリヤーとベンガリをミックスしたような言葉を話すので何となくわかるしお腹減ったとか通じて嬉しいしご飯もオリッサの味に似ていてマイルド。スゴク美味しかったですよ。いつもよく知るインドとはまたちがった魅力に溢れ初めてなのに親近感を持てるいい場所でした。何より男前が多い。かなり気に入りました。エヘへ。(色を黒くしたダルビッシュや窪塚洋介、アンディラウに中井貴一とかウジャウジャいました。)

北東エリアはテロも多く危険地帯が多いそうですがアッサムはその中でも安全らしい???です。是非機会があれば訪れてみてください。こりゃサットリヤに転身だな(笑)

assam7assam8assam9
魚のフライに塩とレモン最高でした。
コメント
先生のお写真、よく撮れててキレイです〜☆
何度も見てしまいました。


動画もあったらアップしてください。

こちらは毎日暑くて…はやくもホームシックです…。
  • Chiaki
  • 2010/03/26 1:37 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM